CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
COUNTER
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
<< 東京大会 | main | 体験募集中! >>
高石大会!
 こんばんは。葉山です。
この土日は、高石大会(堺泉北港ドラゴンボート大会)でした。
高石

大会運営をしてくださった皆様、他チームの皆様、また応援にきてくださった方々、本当にありがとうございました!今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
高石

チームの皆様も、ありがとうございました。
ここで述べることではないかもしれないのですが、本当に色々と感謝しています。
来月、その気持ちをお返しします。

結果は、男女混合決勝3位でした。

3位の捉え方は人それぞれだと思います。
今回がドラゴンボート大会デビュー戦だった堀さん(今回女子は丁度の人数だったからフル出場。おつかれさまでした!!)と色々話してても感じました。
レースの合間も一緒にビデオをチェックして話してたのですが、真剣に話す堀さんはすごくキラキラしていました

私自身、3っていう数字・レベルからは早く抜け出したいとほんとに思います。

その数字に対してなんやねん、とかいう気持ちは全くないんですが
ただ単に…っていう気持ちがずっとあります。

レースで他チームと競ること、全力を出し切ることはすごく楽しいし、その上での結果という意味では
納得できるすっきりさはあって、そういう意味ではすごく楽しいです。

その一方で心のどこか奥では、もっと上にいきたいし、もうこの順位に何度もとどまるのはいい、と思う自分ももちろんいます。

なんというか、んーー

せっかくやっている以上、
もっとすぱーーんって気持ちいい順位とりたい。です!!
すぱーーん!!よし、私達最高すぎる!!!いえーい!っていう順位ってひとつしかない。

私、それが皆さんととりたいです。絶対気持ちいいです!
AKBの大島優子が1位になって「この景色がみたかったんです」って言ってた、あの感情です多分。

そんな景色が見れたらそのあとのビールなんて…!!!
最高ですね。

話は少しそれますが、高石大会の前日ホテルでテレビを観ていたら、オーストラリア戦を終えて帰国したサッカーの本田選手が出ていました。
本田選手は小さな子ども達とサッカーのイベントに参加していました。

実際その中で子ども達と対戦をしていたのですが、本田選手は本気のプレーで対戦し、一切手加減をしていませんでした。
最後、子ども達にメッセージをという声に対して、

「今日の君達との試合は僕にとってすごく大事な一戦だった。

スポーツの戦いに、引き分けはない。勝つか負けるかしかない。必ず勝敗がつく。

勝ったらめちゃくちゃ嬉しい。負けたらめちゃくちゃ悔しい。

僕は負けるのが嫌いや。だから一生懸命練習するし、今日だって君達と本気でサッカーをした。

今日は勝てたから、すごく嬉しいです。」

とおっしゃっていました。

テレビの前の私は、子ども達ばりに本田選手をガン見していました。
思わず「ほう…」とつぶやいてしまいました。すごい。まっすぐでかっこいいです!


大阪大会(天神大会)、現状どこまでいけるかは客観的には考えるべきなのかもしれませんが、私は残り1ヶ月考えることにはまりすぎるとあまりうまく進めません。

だから、この1ヶ月の私のスタンス(?!)は、どんな状況になっても

「私達はこの順位がほしいの。獲りに行っていいでしょ??」

ぐらい気持ちをまっすぐ大きくもって、それと平行にできることをやって、それを楽しんで、来月に出し切りたいと思います!!!

“すべてはこの日のために!”

大阪大会、がんばりましょう!!!!!
まだまだいっぱいできることはあります!!

高石

はやま
| 大会 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tokai-dragon.net/trackback/23
トラックバック